違う産地の食品を食べ比べた体験談

野菜が好きで、色々な産地の食品を取り寄せては食べ比べをしています。

違う産地の食品を食べ比べた体験談

野菜が好きで、色々な産地の食品を取り寄せては食べ比べをしています / 36歳 女性

野菜が好きで、色々な産地の食品を取り寄せては食べ比べをしています。
最近、食べ比べをしたのはトウモロコシです。
トウモロコシというと北海道というイメージがありますが、最近では九州や四国、関東産というのもあるそうです。

私は以前、北海道旅行に行って現地で食べたトウモロコシがとても甘くて美味しかったので、毎年お取り寄せしています。今回、食べ比べたのは北海道産と九州産です。
北海道産はホワイトコーンという種類のもので、何と生で食べられるというものです。
一方、九州産のはオーソドックスな、茹でて食べるトウモロコシです。

北海道産の方は甘みが強くて水分が多く、スイーツを食べているような食感でした。
茹でて食べるのが面倒、新鮮な味を楽しみたいという時には、こちらが良いと思いました。
九州産の方は茹でると甘みが増して、ホクホクと濃い味です。
色々な料理に合わせることもでき、万人受けするタイプでした。

どちらもとても美味しかったですが、地域によって少しずつ種類や味が違うのを食べ比べるのも、また楽しいです。


Copyright(c) 2018 違う産地の食品を食べ比べた体験談 All Rights Reserved.