違う産地の食品を食べ比べた体験談

食べ物も産地によってそれぞれ違った特徴があり、産地にこだわって選んでいる方も多いのではないでしょうか。

違う産地の食品を食べ比べた体験談

食べ物も産地によってそれぞれ違った特徴があり / 47歳 女性

食べ物も産地によってそれぞれ違った特徴があり、産地にこだわって選んでいる方も多いのではないでしょうか。
我が家でも、野菜は色々な産地のものを購入していますが、煮物などで味付けしますので、その違いは今ひとつはっきりしないな、と感じることもあります。ただ、果物の場合はそのまま調理せずに食べるので、より違いが分かりやすいと感じています。
私の住んでいる和歌山県では、みかんがよく作られているのですが、以前愛媛のみかんをいただいたことがありました。
どちらもとても美味しくいただけましたが、愛媛の方がより甘味が強く、和歌山の方が酸味がほどよくあると感じました。
食べ慣れている和歌山のものは特に好みに合いますが、他の産地のものも違った味わいで美味しいので、これからも色々な地域のものを食べ比べる予定です。

そして、スイカなども地元で作られたものより、山形のものがより甘味があって美味しいと感じましたし、熊本のものも美味しかったです。

我が家では、ずっと新潟県産のお米を買っていました / 61歳 男性

我が家では、ずっと新潟県産のお米を買っていました。
文句なしの美味しさで、お米ならこの銘柄というのが2つくらいあり、それらを交互に買っていたのです。

昨年の秋頃だったでしょうか。知人が「北海道の親戚が送ってくれた」と言って、北海道産米の新米をくれたのです。
新米に惹かれ、早速炊いて食べたところ、家族一同「おいしい!」と声を揃え、言ってしまうほど美味しかったのです。

以来、我が家のお米のラインナップに、北海道産米も入るようになりました。
北海道産のお米の評判が上がっていると聞くと、なるほどなと思います。これからは、東北各県のお米も買ってみようと思います。「米どころ」と言えば、我が家では新潟県でした。
新潟県産ファンというのは変わらないけれど、他の県のお米もなかなか美味しいのが揃っているのではないかな、と思い直しています。
我が家のちょっとしたブーム、それは各県のお米の食べ比べ、という感じの日も近そうです。

注目情報



Copyright(c) 2018 違う産地の食品を食べ比べた体験談 All Rights Reserved.